安定性試験

2009年より医薬品受託試験をスタートし、今では新薬メーカー、ジェネリックメーカーを中心に100社を超えるお客様よりGMP省令に基づいた試験を受託しております。

 

[受託内容]

  • 長期保存試験
  • 加速試験
  • 中間的試験
  • 苛酷試験
  • 光安定性試験

 

 

[試験項目]

日本薬局方に収載されている試験の受託が可能

例:定量試験、溶出試験、含量均一性試験、崩壊試験、確認試験、類縁試験、その他

錠剤・カプセル剤・散剤・顆粒剤、外用剤、注射剤の受託試験が可能
また錠剤に関しては粉砕や無包装状態での試験が可能となります。

 

 

[保存条件]

試験名 長期保存試験 加速試験 中間的試験 その他
温度条件 25℃±2℃ 40℃±2℃ 30℃±2℃ ※1
湿度条件 60%RH±5% 75%RH±5% 60%RH±5%

大型インキュベーター3台、小型インキュベーター7台保有 »保管業務のみはこちら

※1 温度は-20℃~+100℃、湿度は20%~98%まで設定可能

 

 

[所有機器]

主要機器は以下のとおり

画像

小型インキュベーター

画像

溶出試験器

 

画像

大型インキュベーター

画像

液体クロマトグラフィー

 

 

◇品質管理/信頼性保証

 

図

 

 

図

 

◇受託の流れ

図
図

アイコン お問合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは046-206-1210へご連絡下さい。