排水分析

 

工場排水分析(放流水分析)

~~クリタ分析センターが提供する3つのサービス~~

 

◇法規制値への適合を確認する検査 (下水道基準、水質汚濁防止法基準)
◇排水処理工程の確認検査 (処理設備流入前の水質、工程毎の水質把握)
◇トラブルの未然防止・排水処理の改善に関する試験
 (生物処理試験、処理薬品の適正添加量把握など)

 

◇法規制への適合を確認する検査

クリタ分析センターでは採水について、採水業務を含めた分析受託はもとより、専用のサンプリングBOX(通箱)でのお客様自身の採水も提案させて頂いています。

画像

画像

画像

専用サンプリングBOX使用のメリット。

サンプリング費用のコストダウン。
採水時を選ばない。
異常時の採水にも使用可能。

分析項目の選定など、お困りのことがあればご相談下さい。

画像

画像

 

 

【関係法令】

 

◇排水処理工程の確認検査

各排水処理設備の工程水分析も受託しております。

 

【例:処理設備と分析例】

排水処理
工程
排水原水 前処理 凝集槽及び
沈殿槽
生物処理 沈殿槽 汚泥 放流
アイコン アイコン油水分離など アイコン アイコン アイコン アイコン アイコン
分析項目 SS、BOD、CODMn、ノルマルヘキサン抽出物質含有量、窒素含有量、りん含有量など SS、ノルマルヘキサン抽出物質含有量 濁度、SS、BOD、CODMn、窒素含有量、ノルマルヘキサン抽出物質量、含有量、りん含有量など MLSS、MLVSS、     顕微鏡観察 SS、BOD、CODMn、窒素含有量、りん含有量など 脱水処理試験、含水率、肥料成分分析 放流する基準
分析結果からわかる事 処理前の水質がわかる。定期的な分析で、変動などを把握する事が出来る 固形物及び油分などの除去性能 凝集処理の良否や、後段の処理への負荷を把握できる 曝気処理に適正な生物相、汚泥量であるかわかる 生物処理により有機物が分解されたかが分かる 脱水処理の良否がわかる。汚泥のコンポストの肥料としての適性 適正に処理が出来ている目安。法的要求を満たしている事の確認

 

【メリット】

既設設備の高負荷ポイントを把握
トラブル時の原因追究及び改善が迅速化
自社の排水の変動を把握し、コストを含め適正管理が可能に

排水処理工程や原水の分析結果をもとに測定箇所・項目の提案も可能です。 設備診断や改修工事をご希望される場合はグループ会社を紹介致します。

 

 

 

◇トラブルの未然防止・排水処理の改善に関する試験 (水処理試験)

詳しくはこちら »

新規流入原水の設備への影響調査や設備の能力評価や問題解決、使用する薬品類の適正評価などに活用できる試験データを提供します。

凝集試験・加圧浮上試験

目的:凝集剤の適正な選択及び処理コスト削減

凝集に必要な無機凝集剤・高分子凝集剤添加量の確認や、凝集状態・浮上状態の観察を行います。処理水の分析結果、水処理試験結果から総合的に評価します。

生物処理試験(連続通水、回分試験)

目的:生物処理可否の事前把握による排出基準超過の防止。

既設で使用している汚泥・担体(微生物)を用いて、処理しようとする試料水を連続通水または回分(バッチ)処理し、経過時間毎に水質分析をすることで、BOD等の除去率を確認することができます。

吸着試験(活性炭・イオン交換樹脂)

目的:処理効果の確認

既設で使用している充填材・検討充填材をカラムに詰め、一定の速度で試料水を通水します。カラムの入口と出口の水質分析を行うことで、処理対象物質の除去率を確認することができます。また、活性炭は対象物質の吸着量の測定などが可能です。

脱水試験(ベルトプレス、遠心脱水、スクリュープレス、多重円盤)

目的:最適な脱水材の選定

複数の薬品を用いて、脱水効果の確認を行います。フロックの形成状況やろ過性、強度、圧搾後のケーキ含水率から総合的に評価します。

【関連サイト】

栗田工業の水処理相談サイト KCRセンター