簡易専用水道検査(滋賀県)

水道法第34条の2に、『簡易専用水道の設置者は、厚生労働省令で定める基準に従い、その水道を管理しなければならない。簡易専用水道の設置者は、当該簡易専用水道の管理について、厚生労働省令の定めるところにより、定期に、地方公共団体の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた者の検査を受けなければならない。』と定められており、水道法施行規則第56条に1年以内ごとに1回検査を受けなければならないとされています。
弊社滋賀事業所では厚生労働大臣の登録を受けた検査機関として、滋賀県内にて簡易専用水道検査を受託しております。
また検査結果について、改善等でお困りの方のご相談も承っております。

写真

写真

 


【事業内容】(検査内容)

  • 厚生労働省に登録された検査員が訪問し「施設及びその管理の状態に関する検査」
    「給水栓における水質の検査」「書類の整理等に関する検査」を実施致します。

【簡易専用水道とは】

水道事業の用に供する水道から供給を受ける水のみを水源として、受水槽の有効容量の合計が10㎥を超えるものをいう。ただし、飲料水として使用しない工業用水、消火用水は該当しません。

水道法第3条第7項 及び 水道法施行令第2条

 

【専用水道、簡易専用水道、小規模貯水槽水道の該当判定フロー】

判定フロー図

※専用水道の分析検査はこちら »

 

 

【問合わせ先】

 

 

【その他】

  • 小規模貯水槽水道
    受水槽の有効容量が10㎥以下の水槽をいう。簡易専用水道に準じた管理に努めるよう定められています。法的義務や罰則は生じませんが、水槽劣化等による水質汚染を未然に防ぐべく簡易専用水道検査の受検をおすすめします。
  • 書類検査
    「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(ビル管理法)の適用を受ける施設については、現場検査を、管理状況を示す書類一式を提出する書類検査に替えることができます。
  • 清掃業務
    簡易専用水道の管理基準の中に「水槽の掃除を一年以内ごとに一回、定期に、行うこと」とあります。掃除業者等をお探しの際は、ご相談ください。

 

【参考】