培養液分析(水耕栽培)

植物工場(水耕栽培)向け培養液分析を行っています。

水耕栽培における培養液の管理は、pH値の調整と電気伝導度(EC)を指標にした濃度調整が一般的です。しかし、電気伝導度(EC)による培養液の濃度管理では、植物の吸収による肥料成分の組成変化まではわかりません。定期的に培養液中の個々の栄養成分濃度を分析し、適切な追肥により成分を調整する必要があります。クリタ分析センターでは、水耕栽培培養液分析を始め、植物工場向け水質分析を実施しております。

【水耕栽培培養液の成分分析】

納期:7営業日 試料量:200~500mL

栽培作物やその生育段階に適した肥料濃度に調整することで、安定生産につながります。
合理的な追肥により、肥料の無駄使いを省きます。
培養液の主要成分、微量成分、その他生育阻害成分等の分析をご提供します。

 

■培養液の成分分析項目一覧

測定項目

報告単位

測定項目

報告単位

主要肥料成分

N

me/L
または
mg/L
(ppm)

その他肥料成分

NO3-N,
NO2-N,
NH4-N,
SO4-S,
Mn, B, Fe,
Cu, Zn, Mo

mg/L
(ppm)

P

K

Ca

Mg

有機酸※1

蟻酸,酢酸,
プロピオン酸,
イソ酪酸,乳酸,
イソ吉草酸,シュウ酸,
安息香酸

mg/L
(ppm)

※1 根から分泌される
生育阻害成分。
ご依頼の場合は、専用容器(ガラス製)を送付致します。

 

■主要肥料成分の報告書例

報告書

各種培養液の処方例をもとに、分析結果をグラフ化してご報告致します。

 

■培養液処方例(野菜試験場研究資料21号(昭和61.11)より、一部改)

処方例 成分濃度(me/ℓ) 成育段階調整 対象作物 備考
Na Pb K Ca Mg 前期 後期
園芸試験場標準 16.0 4.0 8.0 8.0 4.0 各種 成育段階により、
濃度を調節して用い
られるのが普通である。
山崎処方  7.0 2.0 4.0 3.0 2.0 100 100 トマト 冬季は120~140%
10.0 3.0 7.0 3.0 2.0 100 100 ナス 同上
9.0 2.5 6.0 3.0 1.5 100 100 ピーマン 同上
13.0 3.0 6.0 7.0 4.0 100 70 キュウリ 冬季は後期も100%
13.0 4.0 6.0 7.0 3.0 100 150 メロン 冬季は120~140%、
露地メロン型品種は、
70%~80%
5.0 1.5 3.0 2.0 1.0 100 150* イチゴ *開花期以後
6.0 1.5 4.0 2.0 1.0 100 100 レタス  
8(9) 2(5) 4(2) 4(2) 2.0 100 100 ミツバ NH1~N1.7、SO2me/ℓ、
EC1.6dS/m
12.0 4.0 8.0 4.0 4.0 100 100 シュンギク EC2.0dS.m、夏季70%
12.0 4.0 8.0 4.0 4.0 100 100 ホウレンソウ  
9.0 6.0 7.0 2.0 2.0 100 100 メネギ 夏季は25%~100%、
冬季は40~130%
4.5 3.0 3.5 1.0 1.0 100 100 クレソン  
7.0 1.5 5.0 2.0 50 100* コカブ *根径2cm以上
神奈川園試処方 10.0 4.0 6.0 10.0 4.0 トマト  
千葉農試処方 12.0* 3.0 6.0 5.0 4.0 イチゴ *NH1-N1me/ℓを含む、
促成栽培
12.0* 6.0 6.0 2.0 2.0 ネギ *NH1-N4me/ℓを含む、
周年栽培
大阪農技センター処方 18.6 5.3 10.5 6.4 5.3 ホウレンソウ  
千葉大処方 13.3* 4.0 8.0 4.0 2.0     サラダナ *NH1-N1.3me/ℓを含む
愛知農総試 10.7 2.7 5.3 5.3 2.7 ホウレンソウ  
志村(1985) 8.0 2.0 4.0 4.0 2.0 100 200 メロン 噴霧耕

(注)注記のない限り a:No3 b:PO1-P

出展)養液栽培の新マニュアル(2002年7月社団法人日本施設園芸協会)

 

■民間企業における培養液処方例

メーカーおよび処方名 成分濃度(me/ℓ) 対象作物 備考
N P K Ca Mg
大塚化学(粉体)A処方 18.5 5.1 7.6 8.2 3.7 ネギ、ミツバ EC2.5~3.5dS/m
(以下単位省略)で使用
B処方 16.4 3.9 8.0 7.8 4.0 一般 園試処方準拠
サラダナ処方 18.6 5.0 10.4 6.4 2.9 サラダナ EC1.5~2.5で使用
ホウレンソウ処方 17.5 4.4 10.2 8.2 3.0 ホウレンソウ pH6.0~7.0、
EC2.5~3.5で使用
イチゴ処方 10.8 3.6 6.0 3.7 1.7 イチゴ EC0.6~1.5で使用
トマト処方(初期) 11.2 3.2 6.7 4.5 2.1 トマト 3段開花まで、
EC1.2~1.6で使用
トマト処方(中後期) 13.9 3.9 8.9 5.7 2.6 トマト 3段開花以降、
EC1.6~2.4で使用
バラ処方(冬用) 10.2 3.3 4.2 5.0 1.5 バラ 10月中~5月中旬、
EC1.4~1.8で使用
バラ処方(夏用) 10.2 2.9 4.7 5.7 1.4 バラ 5月中~10月中旬、
EC1.1~1.5で使用
ガーベラ処方(初年目) 11.1 2.5 5.8 5.8 1.7 ガーベラ 定植初年度に
EC1.4~1.8で使用
ガーベラ処方(2年目) 11.1 3.0 5.2 4.9 1.8 ガーベラ 定植2年目から
EC1.4~1.9で使用
片倉チッカリン(粉体) 13.0 3.5 5.7 7.0 2.6 キュウリ・メロン 山崎処方準拠
7.0 2.4 3.9 3.0 1.8 トマト  
5.0 1.8 2.9 2.0 1.3 イチゴ  
9.0 3.7 6.0 3.0 2.7 ピーマン  
6.0 2.4 3.9 2.0 1.8 レタス  
12.0 4.9 7.9 4.0 3.6 シュンギク  
10.0 4.3 7.0 3.0 3.2 ナス  
7.0 3.0 5.0 2.0 2.2 カブ  
多木化学(液肥) 6.9 3.0 3.2 2.9 1.9 トマト 育苗期(仮植・発根後)50%
13.1 4.4 5.3 5.7 3.0 キュウリ 同上、収穫後80%
18.8 4.4 6.4 8.6 3.0 メロン 同上、定植・成熟期100%、
成熟後期50%
13.1 4.4 5.3 2.9 1.9 シュンギク 発根後50%、
本葉2~3枚以後100%
10.3 4.4 6.7 2.7 3.0 ミツバ 同上、同上
6.3 1.5 3.4 1.8 1.0 レタス、コマツナ 同上、本葉展開後100%
10.3 4.4 6.7 2.7 3.0 クレソン 発根後50%
9.7 3.0 5.6 2.7 2.0 ピーマン 育苗期(仮植・発根後)50%、
定植後100%
12.6 3.0 6.8 3.6 2.0 ナス 同上、同上
8.6 1.5 4.6 2.7 1.0 コカブ 発根後50%、定植後100%
(ハツカダイコンも同じ)
3.4 1.5 2.2 0.9 1.0 イチゴ 育苗開花初期100%、
開花後200%
グローダンNormal 10.7 3.4 5.9 6.0 2.5 一般 ロックウール栽培用(欧州)
Strong 17.9 3.4 9.7 9.0 3.3
Extra 20.0 3.4 11.5 10.0 3.3

(注)詳細な処方については公開していない企業が多い

出展)養液栽培の新マニュアル(2002年7月社団法人日本施設園芸協会)

 

 

【原水の水質検査】

納期:10営業日 試料量:200~500mL

培養液に使用する原水(特に地下水)の水質確認は重要です。原水の良否によって培養液の管理方法も変わります。

 

■養液栽培に使用する原水の各イオンの限界濃度(ppm)と適性ECとpHの範囲(千葉農試)

イオン 限界濃度 イオン 限界濃度
NO3N 60 Fe 10
P 30 Mn 1
K 80 Zn 1
Ca 80 B 0.7
Mg 40 Na 80
Cl 200
EC:0.3dS・m-1以下 pH:5~8

Mn、Zn、Bに関してはナールドワイク温室作物試験場の水質基準2で示されている上限濃度(RW栽培で数回のスラブ洗浄が必要)。

出展)養液栽培の新マニュアル(2002年7月社団法人日本施設園芸協会)

 

 

 

【排液の水質検査】

培養液の排液中に含まれる窒素等は、公共用水や地下水へ流入させないよう、環境負荷低減対策を講じる必要があります。排液または浄化処理を行った廃液を廃棄する場合には、その窒素濃度を確認して廃棄することが望ましいです。
排水分析のご案内はこちら

 

 

【GAPについて】

農林水産省は食料・農業・農村基本法等においては、我が国が推進すべき農業及び関連産業のあり方を定めた基本理念が掲げられており、これらの基本理念の実現のためには、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価による持続的な改善活動である農業生産工程管理(GAP)の取組を奨励することが有効としています。

 

 (農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドラインより)

 

各GAPの適合基準や取り組事項では、取り組例として分析を行うことで安全性を確保する記述があります。