アスベスト分析

建材の採取・分析による含有の有無の判定、アスベストモニタリングマニュアルに沿った、空気中アスベスト濃度分析及びサンプリングに至るまで、お客様のニーズにあわせ一貫したサポートとタイムリーに提供できる体制を整えています。
石綿とはクリソタイル、アモサイト、クロシドライト、トレモライト、アクチノライト、アンソフィライトの計6種類を指します。どれも繊維状の鉱物であり、有用性と安価という点で、断熱材や耐火被覆等の建材として過去に大量に使用されました。現在は法規制により使用及び製造を禁止されておりますが、過去に石綿含有建材を使った建物が大量に残っている状態です。

img100317

 

アスベスト
(石綿)

蛇紋石系

クリソタイル(白石綿、温石綿)

角閃石系

クロシドライト(青石綿)

アモサイト(茶石綿)

アンソフィライト(直閃石)

トレモライト(透直閃石)

アクチノライト(陽起石)

 

【分析方法】

アスベスト分析

○ 建材中のアスベスト含有率

  • JIS法(JIS A 1481-1~3 :建材製品中のアスベスト含有率測定方法)

○ 天然鉱物中のアスベスト含有率

○ 空気環境中の特定粉塵の濃度測定

  • 粉じんの濃度の測定法/環境庁告示第93号
  • アスベストモニタリングマニュアル(第4.0版)/環境省 水・大気環境局 大気環境課
  • 繊維状物質測定マニュアル/(社)日本作業環境測定協会
  • 室内環境等における石綿粉じん濃度測定方法/(社)日本石綿協会
  • 公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)/国土交通省大臣官房官庁営繕部監修

 

【測定対象と分析方法】

測定対象

サンプリング条件

分析方法

判定

建材製品

(板状)

100cm2を3箇所

JIS A 1481-1~3
定性定量:分散染色法(位相差・分散顕微鏡法)

       X線回折法     
定性定量:X線回折法

0.1%以上
(アスベスト含有)

吹き付け材

10cm3を3箇所

JIS A 1481-1~3
定性定量:分散染色法(位相差・分散顕微鏡法)

       X線回折法     
定性定量:X線回折法

0.1%以上
(アスベスト含有)

作業環境

フィルター(25mm) 捕集
1L/min、5min以上

位相差顕微鏡法、生物顕微鏡法

定量下限:50(f/L)

室内環境

フィルター(25mm) 捕集
5L/min、120min

位相差顕微鏡法、生物顕微鏡法

定量下限:0.5(f/L)

大気環境

フィルター(47mm) 捕集
10L/min、240min

位相差顕微鏡法、生物顕微鏡法

定量下限:0.057(f/L)

 

【関係法令】

【PDF】