ガス測定

大気汚染防止法や各種条例に基づいた、大気中の有害物質の測定を行なっています。
大気汚染防止法は、工場や事業所から排出、飛散する大気汚染物質について、物質の種類、施設の種類・規模ごとに排出基準が定められています。

ガス測定

燃料や規制項目により測定頻度が異なります。

専任技術者が現場測定から機器分析まで実施することで、現場の状況を考慮した分析対応が可能です。

【分析項目】

○ 排ガス測定

  • ばいじん
  • 窒素酸化物(N0x)
  • 硫黄酸化物(S0x)
  • 塩化水素
  • ダイオキシン類

※ダイオキシン類は特定計量証明事業(MLAP)機関と提携し、ダイオキシン類のサンプリング業務を行なっています。

  • その他規制物質については、PDFファイルをご覧下さい。

○ 揮発性有機化合物(VOC)測定

 

 

【具体的な測定事例】

  • ボイラー排気ガスの測定
  • 冷温水器排気ガスの測定
  • 廃棄物焼却炉の排気ガス測定

 

【関係法令】

 

【PDF】