肥料分析

肥料取締法に基づき、肥料・堆肥中の成分分析、溶出分析を行っています。

photo0011_001

 

肥料取締制度では、肥料を、特殊肥料と普通肥料の2つに分類しています。

特殊肥料は、どの様な物質であるかを農林水産大臣が定めており、生産や輸入するためには、届出をしなければならないことになっています。

特殊肥料以外のものは、普通肥料となり、公定規格に適合していれば登録取得ができ、生産や輸入することが認められます。(特殊肥料、普通肥料 概略)

肥料分析法に基づく肥料の受託分析を行っています。

 

【業務内容のご紹介】

○ 登録に係る肥料分析

  • 主要成分試験(水分、窒素全量、リン酸、加里、石灰、亜鉛、銅、炭素窒素比)
  • 有害成分試験(カドミウム、クロム、水銀、鉛、ニッケル、ヒ素)
  • 原料溶出試験(アルキル水銀、水銀、カドミウム、鉛、有機リン、六価クロム、VOC など)
  • その他試験(灰分、pH、電気伝導率、アンモニア性窒素、硝酸性窒素、苦土 など)

 

汚泥肥料中の重金属管理手引書(農林水産省)に伴う分析

 [ 対象となる汚泥肥料 ]

し尿汚泥肥料、焼成汚泥肥料、下水汚泥肥料、工業汚泥肥料、汚泥発酵肥料、混合汚泥肥料

※ サンプリング時において製品として出荷可能な状態にあるものが対象となります。

 

 [ 対象となる重金属と許容値 ]

※対象となるすべての重金属を測定する必要はありません。

過去の測定結果を参照し、許容値を超える可能性の高い重金属を優先して分析すれば良いとされています。

また、過去の測定値が低い重金属でも思わぬ原因で許容値を超過してしまう可能性があることから、一定の頻度で分析を行うことが望ましいとされています。

 

 [ 分析頻度 ]

汚泥肥料の生産方法、出荷方法などに応じて、製品等のどのロットを対象にするかを決定します。手引書ではロットの上限を10トン以下としています。また、1回の生産量が10トンを超える場合は、いくつかに分割して対象を10トン以下にするとしています。

 

 

【関係法令】

 

 

【GAPについて】

農林水産省は食料・農業・農村基本法等においては、我が国が推進すべき農業及び関連産業のあり方を定めた基本理念が掲げられており、これらの基本理念の実現のためには、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価による持続的な改善活動である農業生産工程管理(GAP)の取組を奨励することが有効としています。

 

農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドラインより)

 

各GAPの適合基準や取り組事項では、取り組例として分析を行うことで安全性を確保する記述があります。

 

 

【関連情報】

 

 肥料分析に関するご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。